2017年12月13日水曜日

Inspire1 Pro(X5), Phantom4 Pro, KARMA, Mavic Pro, SPARKの撮り比べ

ドローンで空撮をしたい人ならば、各機種ごとの画質が気になりますよね。
カメラ雑誌を手に取れば、同条件で撮り比べをした記事が山のようにあります。レンズ性能を厳密に比較するために、絞りを少しずつ変えながら画像の中央と周辺を拡大して、歪みや流れや周辺減光や色収差や・・・とまぁ「パッと写真を見せられて、そこまで気になるのかな?」という細かなところまで(ごめんなさい)レポートされています。
一方でドローンでそういった記事をあまり見かけないのは、実質的に機体とカメラの選択肢がほとんど無いからそこまで調べるニーズがないんでしょう。

でもせっかく手元に機体があるなら撮り比べてみたくなりますよね。ということで、舞子ドローンフィールドへと旅をした時に(ドローンの旅 〜 舞子ドローンフィールドと越後湯沢の宿)、できるだけ同じルートを飛ばして撮り比べてみました。




その動画がこちらです。
当日は大型台風が新潟に上陸する前日で風は強く(地表で常時4〜5m/sぐらい)、天候は良かったので空と日陰の明暗差は大きく(露出はオートで統一しました)、画角内に緑が多かったのでWBを固定できる機種は(KARMAを除いて)晴天にセットしました。



Inspire1 Pro (X5)


X5に標準で付いている15mm(35mm換算で30mm)のレンズで撮影。
見ての通り画面全体が赤っぽいのですが、当初はWBを固定したせいでNDカードフィルタの色が乗ってしまったのかと思っていました。でも海外のコミュニティとかをチェックすると、「X5はマゼンタ被りがなー」というスレッドが多かったので、これはX5固有の問題のようです。PremiereProならこの程度はカラー補正でクリアにできますけどね。
マイクロフォーサーズの恩恵か、明暗の階調の情報量は多いと思います。

機体の安定度はピカイチですね。映像内で樹々が大きく揺れるほどの風のせいで、他のドローンでは多少なりとも風の影響を受けてしまっているにも関わらず、Inspire1は旋回時でも画面はビターっと安定しています。やはり機体とカメラが大きいことが功を奏しているんでしょう。プロの現場でInspireが主流なのも頷けます。


Phantom4 Pro


樹木の葉や建物のディテールがくっきりと表現されていますね。レンズ固定式なのでセンサーにあわせた専用設計なのと(たぶん・・・)、ビットレートがFHD/60Pで65Mbpsという高さ(X5は40Mbps)が、映像をひと目見てわかるほどに効いているようです。

ただ、機体は強風に耐えているものの、ジンバルが風に煽られて画面が揺れていますね。樹々の揺れ方を見てみると、P4Pの時が一番風が強かったかもしれません。
画質の良さとコントロールのし易さでは、個人的にはP4Pが断トツのトップだと思いますよ。


KARMA


画質はなんと言うか・・・GoPro5です。
ハッとするほど高画質ではないけれど、誰でもそこそこちゃんと撮れている、という感じでしょうか。ピンボケすることもなく、露出オーバーはアジということで。

KARMAの機体の操縦フィールも、初心者にも難しくない鷹揚さがあります。逆に言うと機敏に複雑に動かすタイプではないというか。プロポの画面が折りたたみ式なので、スティックが短いとか、バッテリーは残り時間以外の情報(パーセンテージとか、各セルの電圧とか)が表示されないとか、離着陸は専用ボタンで行うのが基本とか。操縦についてあまり深入りさせない設計ですね。個人的には「DJIのMavic以上のドローンがパソコンなら、KARMAはスマホ、いやファミコン?」っていう印象でした。

この風の中で旋回する際に、ジンバルがかなりガタついているのが見て取れます。GoProの体積がそこそこ大きくて、ジンバルが前に突き出している影響でしょうか。機体のデザインも含めて、「まだまだ詰めるところはあるよな〜」と思ったりしますが、「GoPro的な撮影シーンで自撮りスティックを空中にまで延長できるガジェット」だと考えれば、まぁそんなもんかという気もします。


Mavic Pro


センサーサイズはGoProと同じようですが、こちらの方が樹々のディテールがはっきりしているように見えます。センサーが小さいハンデはありますが、色味も含めて「画作りがうまいなぁ」と感心しました。機体自体も(今さら言及する必要ないほど)素晴らしいパッケージングで、世界的に爆発的に売れたのも納得です。
ただし、ピンボケにはご注意を。。


SPARK


画質をどうこういうスペックのマシンではないですけど。
それ以前に、この風の中で高度50mを飛ばすっていうのがSPARKには厳しいと思いましが、意外と安定して飛んでくれました。
向かい風がキツかったせいか、標準時の速度が遅すぎてなかなか前に進みません(笑)
でも旋回前にSモードにしたら、人格が変わったように機敏に飛び回ります。ジンバルが二軸なので、旋回時にロール角が大きくなるとスタビライザーが付いて来れなくなっています。まぁそんな使い方をするマシンでは無いんでしょうけどね。

Inspire1 Proも手放しちゃったし(『さらば、Inspire1 Pro・・・!』)、P4Pにもう1台追加するなら、僕はSPARKを選ぶかなぁ。旅のお供としては。
うーん、でも「Mavicを1機だけカバンに放り込んで旅に出る」というスタイルも捨てがたい。

DJIさん、センサーの性能をアップしたMavic2を早く発売してください。

0 件のコメント:

コメントを投稿